指導方針
コース案内
小学生プログラム
中学生プログラム
高校生プログラム
能力開発プログラム
メンタル強化
わくわく文庫
夢☆自分年表
My Gaol
速読・速聴
その他プログラム
キャッシュフローゲーム
親のための子育て心理学講座
イベント情報
  1. Home
  2. 速読・速聴

速読・速聴

速読・速聴って何?

本来私たちは小さい時から文章の読み方をこう教えてもらいませんでしたか。「1字1句」飛ばさずにちゃんと読みなさい。それが私たちは当たり前だと思い込んでいました。そうして、それを確実に実践してきた結果、「1字1句」読むという習慣が身に付いてしまいました。
速読とは読んで字のごとく速く文章を読めるようになるということです。トレーニングを積んでいくとで通常のスピードの2倍~5倍にもなります。人によっては10倍以上になる人もいます。

速読・速聴をやることによってどんな効果があるの?

速読は色々な場面で役立ちますが、学生を対象にしたとき3つの効果が期待できます。

  • 読書が好きになる(読書量UP)
  • 普段の勉強に役立つ(処理能力、理解力、集中力UP)
  • テスト・受験で役立つ(合格率UP)

文章が早く読めるようになると、読書に対する抵抗感が軽減され、普段から本を読むようになっていきます。本を読めばそれだけ語彙力が増え、知識量が増えるので物事を考えるベースができるので、全体的に学力が向上することが期待できます。

速読ができるということは、早い速度で理解できるということを意味します。これは例えば、通常人は1と言う速度で処理をしていたとしたら3倍、4倍の速度で処理できるということになります。だから、普段の勉強時間も普段は1時間かかっていたら20分、15分に短縮することができることを意味します。

文章が早く読めるようになると、国語や英語のテストの長文問題などで威力を発揮します。読む事に時間をとられてしまうと、考える時間がそれだけ短くなり正答率が下がるという結果が出ていますが、早く読めるとそれだけ考える時間をもつことができるので正答率が当然上がります。

Copyright © 2013- 水戸学ゼミナール All Rights Reserved.