指導方針
コース案内
小学生プログラム
中学生プログラム
高校生プログラム
能力開発プログラム
メンタル強化
わくわく文庫
夢☆自分年表
My Gaol
速読・速聴
その他プログラム
キャッシュフローゲーム
親のための子育て心理学講座
イベント情報
  1. Home
  2. 図書倶楽部

図書倶楽部のご案内

図書倶楽部とは?

プロのナレーターの朗読を聞きながら、本を読み進めていく"読み聞かせ"+"目読"という、まったく新しい読書方法です。
パソコンに収録されたナレーターの朗読を、お子さまが一番心地いいスピードで再生し、それを聞きながら手に持った本を読み進めていきます。再生スピードは1倍から10倍まで、0.5倍速で可変です。ひらがなが読めるようになったら、何歳からでもスタートできます。自分から本を読んだことないお子さまでも、また読めない漢字があっても大丈夫。朗読が耳から聞こえてくるので、どんどん読み進んでいけるのです。

抵抗感なく読書が始められるように

小さいお子さまや、まだ読書になれていないお子さまは、最初はゆっくりと読み聞かせのような感じでスタートします。好きな物語は何度読んでも大丈夫。何度でも繰り返し読ませてください。抵抗感なく読書を始められると、そのうちお子さまは読書好き、本好きになります。

速読・速聴メソッドで

読書時間は小学校低学年のお子さまなら1回2,30分、小学校中学年から中学生は40分から50分ほどで。決して無理をさせずに、朗読のスピードも最初はお子さまが一番心地いいスピードで再生してください。そのスピードで2,3カ月聞いていたら、0.5倍速く聴かせてみると、耳が慣れてきているので大体そのスピードで読書することができます。しかし目標は3倍から4倍に。検証実験の結果でも、普段読む速度より、少し速いスピードで聴きながら読書をすると脳が活性化するという検証結果が出ています。

能力開発と読書量

小学校高学年では、3倍、4倍速で読書できるお子さまが多くいます。速く聴いて速く読めるということは、脳の情報処理スピードが向上しているということ。 その効果は、学習や日常のいろんなところに現れて、良い影響が沢山出てきます。速く読めると、当然1冊の本が速く読めるということになり、読書量も3倍、4倍と増えていきます。

ページトップ



どんな本が読めるの?


子どものときに読んだ本の内容は、子どもたちの記憶の中に一生残ります。 そして、それが子どもたちの生き方にも大きな影響を・・・ わくわく文庫では、日本と世界の良書、名作と言われる本を集めています。日本を含め、世界中の古典から新作まで、物語、伝記、フィクション、ノンフィクションと、バランスよく200冊の本をそろえ、録音し収録しています。

日本の歴史や文化も伝えます・・・

「図書倶楽部」の本には、日本の歴史や風土、人々の生活や環境など多岐にわたる内容が入っています。読書をするということは、日本語の力をつけるだけではなく、日本の文化に触れることにもつながります。「図書倶楽部」で読書をすることで、学校で教わらない、おうちでも教えられない多くのことも、お子さま自身で学んで頂けます。

100冊、200冊本を読んだ子と読まない子では・・・

「図書倶楽部」で読書をすることで、子どもたちはたくさんの経験を重ねていきます。ストーリーに引き込まれ、面白さ、楽しさ、ときには悲しみ、義憤を感じるかもしれません。そして想像し、感動する・・・。このように、100冊、200冊の本を読んだ子どもと読まない子どもには、大きな違いが生じます。小さい時に読んだ本の内容は子どもたちが大人になっても一生記憶の中に残ります。良い本を1冊でも子どもたちに読んでほしい…。

タイトル一覧

ページトップ



どのような効果が期待できるの?

速読メソッド"の「わくわく文庫」で、読書をすることで読む力が付いてきます。

「わくわく文庫」での読書に慣れ、速いスピードで聴きながら読書していると、普段学習をするときなどでも、段々速い速度で文章が読めるようになります。 また、漢字を覚えて多くの言葉を知ってくると、文章の意味が段々くみ取れるようになり、日本語の理解力が増してきます。これが読解力の向上となって全ての学習の土台である、国語力をしっかり築きます。

速聴メソッド"の「わくわく文庫」で、読書をすることで聞く力が付いてきます。

「わくわく文庫」で読書をするとき、目で文字を読むスピードと同じ速さで耳からも朗読音声が入ってきています。この速く聴けるということは、いろいろな効果を生みます。人の話がゆっくり聞こえてきて、よく理解できるようになったということや、ゆとりを持って人の話が聞けるようになった、また英語のリスニングなども良くできるようになったということも、沢山報告されています。

読書感想文を書くことで「書く力」もつける

「わくわく文庫」で本を読んだ後、感想文を書くことをお勧めしています。それが「書く力」につながるからです。 読み始めたとき、また書き始めたときはお子さまにとって、書くということはとても難しいことです。その時は先生方はまずお子さまに「誰が」「いつ」「どこで」「何を」「どうしたの」という風に、今日読んだ内容を引き出してあげて下さい。書くことの苦手なお子さまには、今読んだ本のどこに書かれていたかを探してもらい、ノートにそのことを書きうつすだけでも結構です。いつかそのうちびっくりするような成長を見せてくれると思います。

会話も、より活発にできるように・・・

"話す力"もつける「わくわく文庫」読書量が増え、お子さまの語彙が増えて、日本語の色々な表現方法を覚えてくると、家庭でのお母さんやお父さんとの会話が、よりできるようになってきます。そして、周りの友達や大人の方々とのコミュニケーションも増えてくると、子どもたちにとって新しい成長のステップとなります。

ページトップ

Copyright © 2013- 水戸学ゼミナール All Rights Reserved.